空気清浄機が仲間入りしました

先日、やっと空気清浄機を購入しました。

昨年の初めくらいから、ある方がいいのかな→ある方がいいんだろうな→ないとダメだよねと心が固まり、今年に入り購入に至りました。

今回購入したのはパナソニック製なのですが、パナソニックに決めるまでには色いろと悩むところがありました。

何といっても空気清浄機を購入するのは初めてなので、どこのメーカーが良いのか全くの白紙状態。

で、真っ白な心で検索してみてまず心惹かれたのはソニー。

値段が安いし宣伝も多い、何も分からないのならソニーを買っておけみたいにおススメするブログもあるし、ソニーが無難なのかなと思い始めたころ、次に心を揺さぶってきたのはダイキン。

ダイキンの性能の良さを謳う口コミに多く出会いました。

しかしダイキンはお手入れが面倒くさいとの情報が多く入ってきて悩んでいたところ、次に心を揺さぶってきたのがパナソニックと日立。

電化製品に詳しそうなブロガーさんのブログに、ソニーとダイキンは奇をてらっているところがあるけれど、パナソニックと日立は真面目に空気清浄機を作り続けている、というような文章がありました。

なるほど、言われてみればそんな気がする。お手入れも楽という情報もあるし。

という訳でパナソニックと日立で容量などを検討した結果、パナソニックに決定いたしました。

部屋の雰囲気に合っているのは黒色より木目調だろう、と木目調を購入したのですが、見た目にすごく高級感を漂わせています。

「部屋に合わない高級感ですね」と患者さんに言われましたが、私もそう思います・・・

 

空気清浄機が本領を発揮するのは花粉症の時期!

今から空気清浄機の活躍が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です