農家さんに聞いたこんな話

・最近は農家さんでも地下足袋を履かない人が多い

最近は、普通に靴を履いて農作業をする方が増えているそうです。

地下足袋は、地表の温度が低いと結構足が冷えるとの事。

・同じ野菜でも、品種によって柔らかさや味や風味が全然違う

産地直売所で買った野菜の方が、スーパーで買った野菜より美味しいと思っていたのですが、たまたま産地直売所で買った野菜が私の好みに合ったのではないか、という事でした。

農家さんが作るのは、自分の好きな品種よりはよく売れる品種になってしまうそうです。

・農家さんに休みはない

野菜農家さんは結構大変らしくて、お伺いした農家さんは1日も休みがないそうです。

なので旅行にも行けないそうです。

・農家さんが多い所は、産地直売所が少ない

作っている作物が大体同じなので売れないそうです。

初・援農ボランティア

昨日、広域援農ボランティアに参加してきました。

広域援農ボランティアというのは、東京都が推進している農家さんを応援する活動で

こちらから

援農ボランティア募集のホームページに飛べます。

今まで2回ほど申し込んだのですが、1回目は台風で流れてしまい、2回目は風邪を引いてしまい行けませんでした。

昨日が記念すべきデビューの日だったのです!

注意事項としては、汚れてもいい服装で、地下足袋か長靴、そして飲み物と帽子を持参すること。

汚れてもいい服装でという事なので、見た目はかなりダサダサの格好です。

嬉しそうに買った地下足袋とペットボトルのお水を2本、帽子と上着の入ったリュックを背負って出発です。

電車を2回乗り換えてたどり着いたお宅は、駅から歩いて7分くらい。やや住宅街?

お家の奥に畑があるのかしら?と思っていると、何と、畑は何カ所かに分かれいて、車で行くのだそうです。

今回の農作業は里芋の収穫、という事で30分ほど離れた畑へと移動しました。

周りに住宅があるような畑だと、耕運機の音がうるさいとか農薬をまくなとか、色々大変なのだそうです。

到着した畑は、はい、周りに住宅は全くありません。かなりの広さがありました。何人かで使用されているそうです。

昨日の農作業メンバーは、ご両親と息子さんと私の4人。

鎌を手に、まずは里芋の茎を切っていきます。

鎌を脚に突き刺してしまった人がいたそうで、「脚を切らないでね、気を付けてね」と何回も注意を受けました。

普段、鎌を持って何かを切るという事がないので、ちょっと新鮮で、ストレス発散にもなりますね。

私は慣れていないのでオッチラオッチラ切っていたのですが、お母さんの方は手際が良くて、ザスッザスッと見事な切りっぷりでした。

さすがプロです。

茎を切ると、今度は機械で土を掘り起こします。

これが、面白いように里芋の塊が掘り起こされるんです。

機械って色んな使い方が出来るんだな~、と感心して見ていたのですが、何と

里芋専用の機械(耕運機?)

 

との事。

里芋のためだけの機械!?

う~む、農業って大変ですね~。恐れ入りました。

お次は、掘り起こされた里芋の収穫です。

里芋というのは、親芋の周りに里芋がポコポコ出来てくるのですが、親芋は食べられないので畑に捨ててしまいます。

間違えて収穫してしまうと、畑に捨てに来ないといけないので面倒くさいそうです。

という訳で、親芋以外を収穫していきます。

簡単そうですが、これが意外と難しかったです。

今年は台風のせいであまり出来が良くないらしく、親芋かどうか私にはよく分からない芋がチラホラ。

立派に成長しているものは、文句なくあなたが親芋ですね、と分かる大きさなのですが、そうでないものは

親芋?・・・いや違う?・・・やっぱり親芋?

と自分では決めかね、何回か確認してしまいました。

それで分かったのは、私が悩んでいたのは親芋ではなく、コガシラ(小頭?)と呼ばれる芋で、収穫しても良い芋だという事です。

作業時間は、休憩時間を抜くと全部で約2時間。疲れない程度の作業時間でした。

畑の中で過ごす時間は非日常で、思い切り自然に浸れて心がとても癒されます。

農家さんも皆さん良い方で、ぜひまたお手伝いに行きたいなと思いました。

援農ボランティア、良いですよ!

自炊(データ化)が終了しました!

やっと・・・

やっと自炊(雑誌や本のデータ化)が終了しました~~~!!

長かった~~~!

終わったかと思うと、嬉しすぎて小躍りしたい気分です。

そうそう

タブレットをどうしようか悩んだのですが、楽天koboに決めました。

バッテリーの持ちのよい、koboとkindleで最初悩んだのですが、kindleは画面が小さめなので、雑誌を読むのには向かないようです。

Kobo Aura H2Oは、microSDで32GBまで容量を増やせますが、サイズが6.8インチ。

Kobo Aura ONEは、内蔵メモリ8GBで拡張は不可、サイズが7.8インチ。

サイズが大きくてメモリが多いのはないのか!?

と思っていたところ、Kobo Aura ONE コミックEditionが12月にリリースされることが判明しました。

Kobo Aura ONE の仕様をそのままに、容量だけ32GBに増やしたタイプで、値段は何とKobo Aura ONE と同じようです。

サイズと容量を兼ね備えた1品ですね。

待ち遠しいです。

 

 

人気の美術展を観るには気合と根性が必要!

昨日、怖い絵展を観に上野に行って来ました。

はい、上野まで行くのは行きました。

しかし・・・観てきませんでした。

何故なら

 

待ち時間が50分もあったから!

 

です。

平日の13時30分に50分待ちって・・・

想定外でした。

最初から並ぶのを覚悟で行っていれば、まだ我慢できるのですが、そうでなければ待てません。

スタッフさんに

「遅い時間だともう少し空いていますか?」

と聞いたところ、そんなに空くわけではないし館内には人が一杯いるし、と微妙な感じでした。

一番いいのは開館直後のようで、中にまだ人がいないから、だそうです。

なるほど

という訳で、気合を入れて開館前に行くか、無茶苦茶天気の悪い日に行くか、どちらかにしようと思います。

前売り券を買っていなければ、行かないという選択肢もあったのですが、買っているからには行かなければいけません。

頑張らねば!

自炊続行中 

雑誌や本の裁断は終わったものの、スキャンはまだまだ終わりません。

やっと、「医道の日本」の2011年の途中まで終わったところです。

先は長いですね~。

しかし、今回自炊をしたことで、本に対する執着がかなり無くなりました。

今までは、鍼灸関係の本は絶対に捨てられない!切り刻むのもあり得ない!と思ってずっと保管していたのですが、データ化すれば

1 場所が空く

2 ものが片付く

3 気持ちがスッキリする

4 タブレット端末などで手軽に読むことが出来る

と、手間がかかることを除外すれば良いことずくめです。

あまり拘ることはなかったんですね~。

さすがに、絶版してしまった書籍を切り刻む勇気はまだないですが、かなり心にゆとりが出来ました。

次は、データを読むタブレット端末探しです。

 

レンタル裁断機の悪夢 復活!

息も絶え絶えな感じになった裁断機ですが、何と

復活しました!

 

だんだんと切れなくなって、それでもしつこくしつこく、ちょっとずつ切っていると、何故か少しずつ切れるようになり復活。

そして調子に乗って切っていると、また切れなくなってきて、しつこく切っていると復活!

何度かそれを繰り返したのち、何故切れなくなった刃が切れるようになるのか?何か理由があるのかと思ってネットで調べてみました。

しかし、残念ながら明確な答えは見つかりませんでした。

ただ、刃が本当にダメになったわけではなくて、刃にゴミが付いて切れなくなったパターンではないかと思われます。

切れ味が戻ってきた時、調子に乗ってザックリと切るのではなく

ザクッ、ちょっと戻し、ザクッ、ちょっと戻しザクッ、ちょっと戻し

と切ってみると、切れなくなることがなくなりました。

摩擦でゴミが取れるのかな~と。

取りあえず、「医道の日本」全てと本45冊ほどの裁断が終了しました!

良かった~~~!

 

もう何回かレンタルしないといけないかと思っていたので、本当に良かったです。

今回レンタルした裁断機はこちら

なかなか使いやすい裁断機でした。

そうそう

ハサミの刃は、切れなくなったらアルミを切ると切れ味が戻るそうです。

裁断機の刃もアルミを切ったら切れ味が戻るかもしれないですね。

台風にも負けず、人は走る!

台風の影響で、せっかくの日曜日なのに豪雨でしたね。

武蔵境でもハロウィンの催し物が中止になっていました。

今日はイベントごとは全部中止なのかな?と思っていたのですが、何と、マラソン大会が開催されていたようです。

横浜のマラソン大会は中止になったそうですが、富山と金沢は開催されたそうです。

マラソン大会後に施術を受けにいらっしゃる患者さんがお出でになって

「いや~、(雨が)すごかったですよ」

「開催されれば走りますからね~」

とおっしゃっていました。

富山のマラソン参加者は12000人くらいだったそうです。すごいですね!

好きなことの前には、台風も問題じゃないんですね~。

 

レンタル裁断機の悪夢

雑誌のデータ化を始めて4日目、大体100冊ちょっと終わったころ、裁断機の切れが悪くなってきました。

結構急にです。

レンタルした会社に問い合わせると、裁断機の刃は大体3万枚切断したくらいで切れなくなってくる、それについては商品の説明に書いてありますとの事。

う~む、ちゃんと見ていなかった・・・

それでは刃を取り換えて使えばいいですか?と聞くと

レンタル品なので刃の取り換えはご遠慮ください

 

との事。

レンタル期間はあと4日あるんですけど・・・

ではどうすればいいですか?と聞くと

切れる分ずつ切ってください

 

との事。

 

マジですか~!

あと2倍ほど残っているんですけど~・・・

 

教訓です

裁断機を借りる時は、送料はかかりますが何回かに分けて借りましょう!

 

自炊(雑誌のデータ化)において、未来を思う

レンタルした裁断機が到着し、早速「医道の日本」のデータ化を開始しました。

やっている最中なのですが、やはり大変です。

裁断は1冊を一回で裁断できるので楽なのですが、問題はスキャンです。

1度に50枚位しかトレイに載せられないので、1冊を何回かに分けて載せなければならないのです。

読み取りのスピードが速いだけに、付きっきりです。

これって、1回に200枚くらい載せられたらすごく楽なんだろうな~と思わずにはいられません。

科学技術の進歩が待ち遠しいです。

ホームページが出来上がりました!

新しいホームページがかなり出来上がってきました~!

何とか、という感じです。

前のホームページは、ホームページビルダーで作ってFc2の無料ホームページからネットに上げていました。

しかし、無料のサーバーだといつ使えなくなるか分からない。サイトがモバイルフレンドリーではない。

この2つの問題を解決するため、覚悟を決めて新たにホームページを作成したのでした。

サイトがモバイルフレンドリーではない、というのはパソコン初心者には難しくて、どうすればフレンドリーになってくれるのか全然分かりませんでした。

取りあえず出来上がってやれやれです。