ホームページ

はり・きゅう いちる治療院

東京都武蔵野市中町1-25-10三裕ビル201
JR三鷹駅北口徒歩約3分
tel: 0422-52-2346

https://www.shinq-yoyaku.jp/lp/material/buttonimgA250x50.png

鍼治療を受ける時

初めて鍼治療を受ける方は、「鍼って痛いのかな?」「痛くても我慢しないとだめなのかな?」と不安に思われるかもしれません。

鍼治療が怖いという方には、できるだけ痛くないよう浅めの鍼で施術を行います。
痛点や毛穴に当たると鋭い痛みを感じることがありますが、痛ければすぐに抜いてしまうのでご安心ください。

鍼治療に慣れている方は、「響き(硬くなっている筋肉に鍼が当たると、ズーンという感覚などがあります)はどれくらいなのかな?」と心配されるかもしれません。
強い刺激が苦手な方にはあまり響かないように、強い刺激を求めている方にはしっかりと刺激を与えていきます。

鍼灸治療の場合、どうしても肌の露出が多くなります。当院は女性鍼灸師が施術を行いますので、恥ずかしいので女性鍼灸師に診てもらいたい、という女性の方は安心してご来院ください。

不安や心配なことがある場合には、遠慮なくご相談ください。

いちる治療院の鍼治療は、こんな方におススメ

他の治療院で鍼治療を受けたけれど

①ほとんど鍼の痛みを感じなかったけれど、効果も感じなかった。

②辛い(刺してほしい)部位に鍼をしてもらえなかった。

③施術時間のほとんどがマッサージや整体で、あまり鍼をしてもらえなかった。

④施術直後はとても体が楽になったと思ったが、すぐに元に戻ってしまった。

鍼治療は、施術者によってやり方が全然違います。まさしく十人十色です。脈やお腹や背中を診てツボに鍼を浅く刺したり、辛いと訴えている部位だけに鍼を深く刺したり、辛い部位が楽になるツボを探して鍼を刺したり・・・

患者さんの体も、合う施術法や必要な刺激量は全く違います。かなり個人差があります。
「とても良かったよ」と教えてもらって施術を受けに行ったのに、自分には全然良くなかった。なんて経験はありませんか?それはそのためです。

いちる治療院の鍼治療は、鍼の刺激が平気な方には、凝りがほぐれたり痛みが弱くなるようにしっかりと刺激を与えます。
施術後に重だるい感じが残る事もよくあります。しかし、その重だるさが取れた後、楽になっていることを実感してもらえる事もよくあります。

近頃の鍼灸治療院の施術は、刺激が弱かったり、マッサージや整体の割合がとても多いように思います。もちろん、弱い刺激で十分に効果の出る方もいらっしゃるので、それはそれで良いのですが、弱い刺激では効果が出ない方にはとても残念なことです。

①~④に当てはまる方は、ぜひ、いちる治療院の鍼治療をお試しください。

 

いちる治療院では、体の1部分だけをみるのではなく体全体をみて施術を行います。

こり、痛み、しびれ、どんな体の不調も、あなたが諦めなければ私も諦めません。

 

 

 

首・肩・腰のこりをほぐす

首・肩・腰のこりをほぐす

首・肩に”こり(硬さ)”があるという事は、首、肩周りの血流が悪くなっているという事です。

首・肩周りの血流が悪くなると、頭痛、耳鳴り、不眠、めまい、手のしびれなどの原因になります。

何となく体がだるい。疲れて何もする気が起きないというとき、肩から背中にかけて硬くなっている(凝っている)という事がよくあります。

腰が痛い時は、腰や臀部に痛みの原因になるこりがある事がとても多いです。
腰や臀部のこりは、腰痛の原因になるだけでなく、下肢の痛みやしびれの原因にもなります。

首こりがあるのなら首だけ、肩こりがあるのなら肩だけ、背中にこりがあるのなら背中だけ、腰にこりがあるなら腰だけをほぐせばいい、と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

実際、肩が凝っているから肩だけやってほしい、腰が痛いから腰だけやってほしい、とおっしゃる患者さんもいらっしゃいます。

しかし、体というのは色々な部位が影響をしあっています。辛い部分だけをやって楽になるかというと、そうでもありません。

その時は良い感じがしたとしても、辛さの原因が別の部位にある場合はすぐに元の辛さに戻ってしまうのです。せっかく施術を受けるのに、それでは勿体ないですよね。

顔の筋肉のこりが首こりに、腕の筋肉のこりが肩こりに関係していることがあります。
股関節周りのこりが首・肩のこりや腰のこり(腰痛)に影響していることもあります。
下肢のこりが腰のこり(腰痛)や背中のこりに影響していることもあります。

体の辛い部分だけでなく、全体をみてくいくことが大切です。

<例えば、長時間パソコン作業に従事しているため首・肩がこる、という患者さんの場合>

人間は集中して作業をすると、無意識に歯を食いしばってしまい顔の筋肉が硬くなってしまいます。
キーボードを叩いたりマウスを動かすため、もちろん腕の筋肉も凝ってしまいます。
同じ姿勢で長時間いるため、首・肩・背中・腰・股関節周り・脚も凝ってしまいます。

このような場合、患者さんが首・肩が凝ると訴えてきたからといって首・肩だけをほぐそうとしても、なかなかほぐれてきません。
顔・上肢・下肢も一緒にほぐしていかなければならないのです。

営業時間・アクセス

営業日など変更のお知らせ

6月の休業日・時間変更

なし

営業時間(定休日ー火曜日)

最終受付21時まで、予約が入らなければ21時で終了しますが予約が入れば24時まで営業いたします。

6月より、日曜日のみ21時で営業終了とさせて頂きます。
45分コースの最終電話受付は19時45分
60分コースの最終電話受付は19時15分
90分コースの最終電話受付は18時45分
120分コースの最終恵電話受付は18時15分

   月  火  水  木  金  土  日
11:00~24:00  〇  ―  ―  ―  〇  〇  △
12:00~24:00  ―  ―  〇  ―  ―  ―  ―
 15:00~24:00  ―   ―   ―   〇   ―   ―   ―

アクセス

いちる治療院

東京都武蔵野市中町1-25-10三裕ビル2階

(JR中央線 三鷹駅北口徒歩約3分)

0422-56-2346

https://www.shinq-yoyaku.jp/lp/material/buttonimgA250x50.png

JR三鷹北口から-中央・総武線三鷹駅北口を出て、右に曲がり交番の前を通ってパチンコ屋をさらに右に曲がり、線路沿いを直進し、”僕らのイタリアン”さんの手前で左折。
”オステリア フルボ”さんの2階になります。

申し訳ありませんが、駐輪スペースはありません。

出入りの妨げにならなければ(3階は住居になっております)、階段のところに置いていただいても大丈夫ですが、無理そうであれば治療院の中までお持ちいただきますようお願い申し上げます。

ビニールシートを敷いて対応させて頂きます。

持ち上げられない場合はお手伝い致しますので、遠慮なく声をおかけください。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

 

 

 

施術案内・料金

オーダーメイドの施術を行っているため、特にコース分けはしておりません。症状に応じて組み合わせて施術を行います。

ご希望があればお伝えください。

大変申し訳ありませんが、男性の鼠径部の症状・EDに対する施術はお断りさせて頂いております。

料金

45分-4500円  60分-6000円  90分-9000円  120分-12000円

以降30分延長ごとに+3000円

*痛みのある場合は、60分以上でお願い致します。

鍼・灸

痛み、しびれ、頑固なコリなどの辛い症状や、なかなか改善しない症状などに特におススメです。

鍼は、全て使い捨ての物を使用しています。
ツボ、深さ、本数などは患者さんの反応を見ながら変えていきます。

「鍼は初めてで怖い」「強い刺激は好きじゃない」「強い刺激が好き」「鍼は少しだけにして欲しい」「鍼をたくさん打ってほしい」などご希望がありましたらお伝えください。

灸は間接灸のカマヤや灸頭鍼、場合によっては直接灸などを使い分けます。

整体

酷くないこりのある方、リラックスしたい方におススメです。

コリをほぐしていきますが、強い刺激の方が効くのではないか、と痛いのを我慢して施術を受けるのは良くありません。

気持ちいい~痛気持ちいいくらいを目安にお受け下さい。

ストレッチ

普段あまり体を動かさない方、長時間同じ姿勢で作業をされる方、体を伸ばすのが好きな方におススメです。

ご自分では伸ばしにくい部位を伸ばしていきます。

 

 

治療院案内

院長紹介

(鍼灸師 吉田有美)


略歴

明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)卒業
K医院(京都の整形外科)にて1年半勤務
N鍼灸接骨院(荻窪)にて4年勤務
O治療院(新宿)にて5年勤務
平成21年現在地にて開業

少し口下手なので、初対面の方に対してフレンドリーに接するのは苦手ですが、どのような施術をするのがその人にとって良いのか、どのツボを使うと症状が改善するのか、色々考えながら施術をしています。

以前こういう鍼灸治療を受けて良かった、こういう鍼灸治療を受けたけれど良くならなかった、こんな鍼灸治療をしてほしいなど、ご希望があればどんどんお伝えください。
できる限りご希望に添えるような施術を行いたいと思っています。

女性の鍼灸師ですので、異性に肌を見せるのが恥ずかしいという女性の方は、安心してご来院ください。

院内の様子

 

 

院外の様子

(作成中)